ライバーとは?Youteberと何が違うの?メリット・デメリットを徹底解説

ライバーとは?
私が解説します!
タレントエージェントりさ
タレントエージェントりさ

ライバー事務所Vicoで、インフルエンサーやモデルの新人発掘&マネジメントを担当しています。コンサル担当アプリは、BIGO LIVE・17LIVE(イチナナ)・Pocochaなどがメインです。

タレントエージェントりさをフォローする

ライバーとは

ライバーとは、ライブ配信アプリを使って、ライブ配信を行う人のことです。

ライブ配信の内容は、視聴者とのおしゃべり、歌やダンスなどの特技を披露するなど、ライバーによって様々となっています。

ライブ配信のやり方

  1. ライブ配信アプリをダウンロード
  2. プロフィールを登録
  3. 放送開始を予告
  4. 時間になったらライブ配信を開始

以上のとおり、ライバーデビュー自体は簡単にできますが、ファンがいない人は、視聴者を集めるのが大変です。

視聴者を増やしてファンを作ることが収入UPにも繋がるので、初心者ライバーは、ライブ配信をコツコツ頑張ることをおすすめします。

なお、ライバー事務所に所属すれば、ファンを作るためのサポートや、時給制の給与システムなどがあり、より早く稼げるライバーになれるチャンスがあります。

※ライバー事務所によって、サポート体制や給与システムが異なるので、登録前にしっかり問い合わせることをおすすめします。

ライブ配信アプリ

ライブ配信アプリの人気に伴い、アプリの種類も非常に多くなっていますが、人気&知名度の高いものを10個紹介します。

  1. 17LIVE(イチナナ)
  2. Pococha(ポコチャ)
  3. BIGO LIVE(ビゴライブ)
  4. ツイキャス
  5. SHOWROOM(ショールーム)
  6. MixChannel
  7. EVERY.LIVE
  8. Uplive
  9. MICO
  10. ニコニコ生放送 など

どのライブ配信アプリを選べば良いか迷う人は、配信ジャンル・ユーザー数・稼ぎ方で比較するのがおすすめです。

Vicoの所属ライバーさんは、専属マネージャーが、その人に合った1番稼げるライブ配信アプリを提案しています。

ライバーデビューをサポートしてほしい人は、お気軽にお問合せください。

Vico公認ライバー大募集

\ LINEで気軽に質問できます /
LINEで応募する

17ライバーとは

17LIVEロゴ17ライバーとは、人気ライブ配信アプリ『17LIVE』のライブ配信者のことです。

北新地にあるエースグループの元人気キャバ嬢で、17ライバーとしても有名な『進撃のノア』さんが、17LIVEで得た収益を『大阪府新型コロナウイルス助け合い基金』に全額寄付すると表明したことでも話題になりました。

17LIVEのライバーになると、投げ銭である「ギフト」が報酬となります。

また、17LIVEから認定されると、プロフィール画面下に認証マークがつき、17LIVE運営局認定の認証ライバーになることができます。

17LIVE(イチナナ)のライバーになるには【ライバー事務所解説】公式で認証される方法とは?
人気ライブ配信アプリ『17LIVE』のライブ配信者のことを『17(イチナナ)ライバー』といいます。17LIVEのアプリをスマホにダウンロードすれば、いつでも誰でも、17ライバーになることができます。

ライバーとYoutuberの違い

  • 生配信のため編集作業が不要
  • 視聴者とリアルタイムでコミュニケーションが取れる
  • 広告収入ではなく投げ銭で稼げる
  • ライバー事務所に所属すれば時給がもらえる

動画で稼ぐ方法として、ライバーとYoutuberを比較すると、動画初心者におすすめなのは「ライバー」です。

Youtuberは人気の職業でもありますが、配信開始や収益化までのハードルが高く、初心者がすぐに稼ぐのは難しいケースが多いです。

ここでは、ライバーとYoutuberの違いをまとめてご紹介します。

生配信のため編集作業が不要

ライバーは動画編集や撮影がいらない

ライバーは、ライブ配信アプリをダウンロードすれば、そのまますぐに配信を開始できます。

生配信のため、スマホが1台あれば、家で1人でも配信できます。

Youtuberは、編集作業や撮影機材の準備が必要ですし、全てを自分で行う場合、そのための技術も必要になります。

動画編集の技術・知識・機材等がない人は、ライバーの方がハードルが低く、簡単に始められるでしょう。

視聴者とリアルタイムでコミュニケーションが取れる

ライバーはリアルタイムでコミュニケーションが取れる

ライバーは、生配信で視聴者とリアルタイムで交流できるので、会話をきっかけに距離を縮めたり、伝えたいことをすぐに伝えられたりします。

視聴者との距離が近いので、ファンを作りやすいと感じる人も多くいます。

Youtuberは、コメント欄でしか視聴者とコミュニケーションが取れません。

一方通行の発信となるYoutuberよりも、ライバーの方が視聴者と繋がったり、ファンを作ったりしやすいでしょう。

広告収入ではなく投げ銭や時給で稼げる

ライバーは投げ銭+時給で稼げる

ライバーの収入は、視聴者からもらえるプレゼントやギフトで、「投げ銭」と言われるものです。

投げ銭は、上限が決まっていないので、もらえばもらうほど収入も増えることになります。

また、自分でライブ配信アプリをダウンロードしてライバーになった場合、収入は投げ銭のみですが、ライバー事務所に所属してライバーになった場合、収入は「投げ銭+時給」となるところもあります。

Youtuberの収入は、動画内で再生される広告収入で、動画の再生回数によって金額が決まります。

youtuberとライバーの稼ぎ方の違い

一定のチャンネル登録者数を持つか、バズる動画を作らないと、Youtuberの収入は0円です。

すでにファンが多い方はYoutuberになっても稼げる可能性がありますが、初心者やファンがいない人は、ライバーの方が稼げるチャンスがあります。

特に、ライバー事務所に所属すれば時給をもらえる、という点は大きなメリットですので、デビューする前にライバー事務所を探してみると良いでしょう。

給与システムは、事務所によって異なるので、登録前にしっかり確認しておくことをおすすめします。

ライバーの収入はいくら?17ライブでは稼げない?平均収入も紹介
ライバーの収入源は、ライバー事務所に所属するかどうかで異なります。 本記事は、ライバーの収入源となる4つの内容と、ライバーの平均収入や確定申告について解説します。

ライバーになるメリット

ライバーになるメリットをまとめると次のとおりです。

  • スキマ時間でお金を稼げる
  • ファンができたら高額な投げ銭をもらえる可能性も
  • 高度な動画編集スキルや高額な機材がなくても始められる
  • アプリの機能で可愛く加工してライブ配信ができる
  • 有名になってメディアデビューできるチャンスがある
  • 様々な視聴者とリアルタイムでコミュニケーションが取れる

ライバーは今注目を集めているため、人気ライバーになればテレビ出演や雑誌デビューのチャンスもあります。

スマホ1台で簡単に始められるので、スキマ時間を使ってライバーデビューを考えてみてはいかがでしょうか?

ライバーになるデメリット

始めた後に公開しないように、ライバーデビューを考えている人は、デメリットも理解しておきましょう。

  • 顔出し配信によって、身バレ・本名バレの可能性がある
  • 新しい職業なので、親に理解してもらえないケースがある
  • ファンになってもらうには気遣いが必要

ライバーは、まだまだ新しい職業なので、「怪しい仕事なんじゃないの?」と思われたり、理解してもらえなかったりすることもあるかもしれません。

また、ライバーとして成功するには、ファンを増やすことが大事です。

配信中は、視聴者の方への気遣いや対応に気を付ける必要があります。

ライバーになるなら事務所に所属するのがおすすめ

初めてのライブ配信では、ファンの増やし方や、投げ銭を獲得するまでの収入等で悩む人も多くいます。

ライバー事務所に所属すれば、配信内容やファンの増やし方についてアドバイスをもらえたり、時給+インセンティブといった給与システムが用意されていたりします。

また、実家や同棲でライブ配信がしにくい人や、家バレが怖い人などは、ライブ配信スペースを用意しているライバー事務所に所属するのも良いでしょう。

ライバー事務所Vicoは、安心してライバーデビューができる仕組みが整っています。

\ ライバー事務所Vicoの特徴 /Vico公認ライバー大募集

  • BIGO LIVE・17LIVE・Pocochaなど、6つのライブ配信アプリに対応
  • 時給+インセンティブで初心者でも稼げる給与システムを用意!
  • ファンの増やし方、配信開始までの準備など、専属マネージャーが手厚くサポート
  • 関西の方は、ライブ配信スペースを利用可能!

Vicoは、関西・大阪に事務所がありますが、全国の方が所属しています。

興味がある方はお気軽にお問合せください。

\ LINEで気軽に質問できます /
LINEで応募する

WEBで問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました